SEO

大きく稼ぐなら大きなキーワードをビビらず狙おうぜ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトハットゥやらブラックやら、どっちの手法にしろ、大きくアフィリエイトでガッツリ稼ぎたいならビッグワードを狙う。

俺は基本でかいワードで浮上するためにあらゆる手を尽くす。

単体キーワードでも上に行けるように尽くす。

ビッグワードのライバルがなんだ?

確かに大きなキーワードで上位表示されているライバルを見るとコンテンツぎっしり、デザイン、かなりいいツール埋め込まれてたり、しっかりしている。

また被リンクに関してもこいつは本当に手が込んだことしてるわ。って思うだろう。

 

で?っていう。

s-0764277e4e1d0859a68fc746a161ebc1_s

だからといってそいつらより上を目指せないという絶対的な理由はない。

もしもあるビッグキーワードでそいつが天狗になっていたらチャンスじゃん!

こちとら、しっかりコンテンツを積んでチャンスをうかがえばいい。

今はドメイン評価のおかげで記事書いてすぐに上位ワード取れるブロガーや大手サイトほど、ちょっと手を抜いてワンパターンになってることも多々ある。

だからこそ、俺らにチャンスが巡ってるんじゃね?と思い込むべき。

ビッグワードで上げるためにマネから始める

ew

単純だ、ビッグワードで上げている奴らのサイトを見まくって被リンク対策も見まくればいい。

でも記事をコピーしたらいかん。参考にしてオリジナリティで攻めればいい。

 

被リンクあたりの対策は特に参考にして真似てもいいと思うが、時間が経ってアルゴリズムが変われば使いもんにならんくなるかもしれん。

 

それでもビッグキーワードで上げるために何でもビビらず試せばいい。時間が許す限り。

やる前から作成した時間とそれが無駄にならないかを考える方がムダだ。

 

失敗でも成功でもいい、それらで結果を拝めるのなら、それこそが大きな一歩だわ。

 

最近はジャンルによっては老舗のサイトだけがビッグワードを占めているということは徐々に少なくなっている。

ビッグワードで1位で1サイトで月300万でゲットとかできたで。そんなうまうまなキーワードは実際にたくさんある。

(その半年後に見事にペナ)

ビッグキーワードで浮上させるならロングテールも攻める

ビッグキーワードで上げる一つの方法として、コンテンツ豊富なサイトをロングテール狙いで構築して、

ロングテール攻め

ミドルワード攻め

乳首攻め

ビッグワードで徐々に浮上

という狙い方が理想だと俺は思う。俺の意見だ。やり方なんてたくさんあるが、アクセスを膨大に拾えるサイトもゆっくりと順位を上げていくのも事実。

 

複数で攻めて、2万文字以上のペラサイトつくってもいいんじゃね?

10ページサイトを複数作って泳がしておくのもいいだろう。

やるならとことん思ったことをやればいい。1サイト入魂よりそっちのほうがいい。

しばらくして集客や順位が調子よければパワーサイトに転じてもいい。

 

大体ビッグキーワード浮上してくるころには小さなワードも広いまくるだろうからな。

ジャンルによっては1サイト一撃で500万~1000万あたり行くサイトもある。

※友達のサイト情報による。

ダメだったとき、時間の無駄にさせないために対策をしておく

dfliya

ビッグワード狙いではちゃめちゃ攻めるなら予防線として、

  • サーバーを分ける
  • ウェブマスターツールも別アカで登録
  • アクセス解析も分ける
  • アナルティクスも別アカ
  • できればアクセスの際のIPアドレスも分ける(プラグインとか使って)
  • ワードプレスなら記事のバックアップを取っておく

ある程度、他のサイトへの芋づるの影響などを考慮して完全に既存の運営サイトとは別にしておく。

例えアルゴリズムで圏外やペナルティ受けたとしても、解除するかドメイン捨ててキャッシュ消して新しいドメインでコンテンツ載せ替えればいい。

他のリスクを受けない用意をしつつ、攻めまくる!

 

そしてビッグワードで浮上したら、

lute

「ああ~ん❤ あは~ん❤」

aluta

⇒ 人気店はこちら

俺らの勝ちだ。

例えそのあとにぶっ飛んだっていい。

 

そのキーワードのビッグワードに浮上できた経験こそがまた別サイトや別ジャンルを攻める時に生きてくる。

 

その成果を無駄にしないために細かくエクセルでもいいから記録をしておいた方がいい。

●月●日に●●からリンク

●月●日にコンテンツ追加

●月●日に記事アップ

●月●日にSNSにて拡散

何が理由でどうやって浮上したのか。GRCや順位チェックツールなどとすり合わせて見ていくといい。

 

長くなったけど参考にするなよ!結局は自分の行動がすべてだからな!

 

完全に理由がわからなくとも、少なからず上位に行く理由や手法が理解できていないと次にイケない。

そして、ノウハウを蓄えて組織化できるんなら形を作ってやらせればいい。

でもビッグワードは狙う価値はある。それだけおいしい

 

そしてビッグワードで浮上しなかったとしてもビッグワードを狙う勢いで走れば、ある程度のスモールキーワードやミドルキーワードでも十分稼げるサイトに仕上げられる。

 

小さいワードで稼げるようになってさらにビッグワードで浮上したならラッキーじゃん!

 

ビッグキーワード狙って稼いでキャバクラ一夜で100万でも200万でも使ってやろうぜ!!

 

そして、金がなくなってキャバのチャンネーからの連絡がうざいときは

俺、禁酒してんだわ。結果にコミットするために

と、惚れさせつつ、華麗に断ればいい。

 

アフィリエイトの調子は上がれば下がる。

だが守りに入ったら終わりだ。攻めなきゃ今守ろうとしているものさえ平気で消えることだってある。

だけどもそれを攻めて何度も経験して学習すれば少なからず安定する為の思考や動きができる。

 

んで、毎回のように検索エンジンが変化する。

だから作業の手を止めるとアフィリエイトはオワコンだぜ。

こんな文才のない俺でさえできるんだ。やるだけだぜ。

 

コメント

  1. 楠瀬 より:

    初めまして、
    最近、ブラックな手法を勉強しているところです。

    芋づる式にやられないよう、サーバー分けについて質問です。

    hamesuさんは1個のサーバーにいくつドメインを登録されてますか?

    また、どういう振り分けをされているかなどあれば、教えて頂きたいです。明確なものはないかもしれませんが、参考程度に。

    hamesuさんの記事おもしろいっす。更新が楽しみでしょうがありません。

    1. hamesu より:

      俺は以前までは主にエックスサーバーに大体ドメイン5個ずつって感じで入れていたんだけど、
      最近は『CPIサーバー』を使ってるぜ。

      CPIサーバーは1ドメイン毎にIPが分散されるようになってるし、ドメイン毎にログインIDパスが支給される。
      だから感覚として1ドメイン1サーバーってことになる。

      だけど、量産型には管理が大変で向いてないだろうな。
      でも確実にIP分散するならCPIサーバーはちょっと高いけどトータル的にコスパがいいし、セキュリティ的にもいいと思う。

      それ以外だとさくらサーバーとか超安く抑えるならコアサーバーとか使ってることがあったぜ。

      だから最近は1サーバーに1ドメインだな!

      ただ、サテライトを運用するから5個程度なら大丈夫でしょ?って感覚はあると思うが、これはいろいろ体験していくと分かってくる。
      やられる前にやれる対策があればやっておいた方がいいかなと思う。

      サテライトもバリバリ本腰で記事突っ込むから自然に被リンクがもらえる構想にして、良ければメインサイトにしたり、
      バリバリのQ&Aサイトにしたりすることがあるからこれも1サーバー1ドメイン。

      あとCPIでは日本語ドメインが使えないからそこだけ注意!

      1. 楠瀬 より:

        ありがとうございます。

        CPIサーバーですか、知りませんでした。
        確かに1ドメイン1サーバーって確かに管理がめんどそうですね。

        でも、他の安いサーバー借りるとしてもID・パスの管理が大変なのは同じなので、
        1ドメイン1サーバーてのが、一番安全ですね。

        参考になりました。

コメントを残す

*